在宅ワークでシール貼り
*
ホーム > バーコードシール貼り > バーコードシール貼り

バーコードシール貼り

結構難しいんですよ! バーコードシール貼りの仕事

内職のなかに、「シール貼りの仕事」というのがあります。一見簡単そうで、誰にでもできそうだから、
いくら単価が安くても、パパパーっと作業して簡単にお金になりそう、なんて甘く見ていた事があります。
しかし!

barcode.gif

ある時、会社で大量に作成した印刷物に間違えが発見され、その間違え印刷部分に訂正のシールを貼ることになったのです。大量な上、お客様に配布するまでにあまり時間がないということで、シール貼りの仕事をしてくれるアルバイトさん数名とともに、社員の私もかりだされて、一緒に2日間ほどお仕事をしたことがあります。

その時は時給でお給料をお支払いしていましたが、アルバイトさんによると、「普通、こういうお仕事って時給じゃなくて1枚につきいくらという出来高制が多い、」と聞きました。
「それならこんなに部数があるから、凄くもうかっちゃうんで時給より出来高制のほうがいいんじゃない?」と無邪気にきいてみたところ、「いくら短時間に早く作業しても、雑な仕事だとその分はお金にならないので、ゆっくりでも着実に、まがってシールをはったり、間違えた箇所にはったりしないよう注意して作業しないといけないので、案外時間がかかるんですよ」といっていました。


確かに私も2日間作業をお手伝いして、「こりゃ結構疲れるわ!」と思いました。
それ以来、訂正シールなどがついているカタログなどをみかけると、「ああ、これもシール貼りの仕事をしてくれた人が一生懸命作業してくれたんだな」としみじみ見るようになりました。

 

【募集など】仕事を得るためには、ネットでも募集はかかっている事もありますが、地域密着なら市町村などで募集していたり、家の近くの業者でしたい場合は折込チラシで探す方法もあります。